★ 運転のヒント ★

指導機関士モードとはいきませんが、運転の参考にしてください。

SL Simulator 蒸気機関士
機関車を運転するためのちょっとしたコツです。
2000/08/27更新
ここにかかれていることをやれば高得点を
あげられるとか、走破できるという事ではありません。
自分のウデは自分で磨くしかないのです。
解説編
項目 内容
空転
kuuten.mpg
車輪とレールの摩擦の限界を越えると起きます。
カットオフ(逆転機位置)が80%だと、加減弁3か
4で空転してしまいます。適正なカットオフと加減
弁操作を行ってください。また、登り坂など引き出し
を行う場合は砂を使い、平坦地以上に慎重に加減弁
と逆転機を操作してください。
滑走(ロック)
kasso.mpg
車輪とレールの摩擦の限界を越えると起きます。
速度に対して、ブレーキ力が強すぎると車輪がロック
して、滑走してしまいます。停止距離は延びますし、
運転評価もからくなります。減速点の直前での急制動
などを極力避け、路線とブレーキ位置の関係をしっかり
憶えるようにしましょう。また、速度と制動力の関係も
きちんとシミュレーションしていますので、牽引数などに
よりロックする圧力も変化します。ブレーキの強さや
緩め方などを研究してください。
絶気運転 シリンダーに蒸気を供給しないで、慣性の法則により
列車の惰力で走行します。蒸気機関車は稼働部が
多いので走行抵抗もおのずと増してきます。
バイパス弁を開けるだけでなく、弁装置のカットオフも
80%位置までのばし、ドレインも開けた方がシリンダー
内での空気抵抗は小さくなります。煩雑な作業ですが
各種装置を定位置にするように心がけてください。
テクニック編
項目 内容
引き出し
(平坦地)
停車中の列車を引き出すのは最もテクニックが必要に
なります。ブレーキを緩め、カットオフを80%にし、加減
弁を1段開けます。大体主動輪が1回転したあたりで
(ブラストで判断)カットオフを60%まで閉めます。
もう2回転くらいしたらカットオフを30%くらいにして
加減弁を3段まで開けます。この辺でドレインを開け
ましょう。この先は線路状況によりますが、20%程度
までカットオフを閉めて、加減弁を5段まで開けます。
いわゆる「全力力行運転」に入ります。
引き出し
(登り勾配)
基本的には平坦地での引き出しと同じですが、カット
オフの調整と加減弁の開角度は、慎重に調整しないと
空転してしまいます。砂をまいて空転を止め、ある
程度の速度を出してしまえば、通常運転できるよう
になります。砂まきはファンクションキーを押している
間行われます。ファンクションキーの押しかげんで、
空転の状況を見るようにしてください。
ボイラー水位 最後の評価では一応満水が基準になっていますが、
「入っている方が望ましい」という程度です。
連続勾配などで、缶圧が必要な場合は、意図的に
水位を下げて蒸気発生量を増やす。といったテクニック
も必要になります。給水すると、ボイラー内の温度が
急速に下がり、必要な蒸気発生量が得られなくなり
ます。絶気運転中や駅停車中などに給水するのが
最良ですが、ブロアーをうまく使用して缶圧が下が
らないように給水するのもテクニックです。
制限速度
s_seigen.xls
カーブやポイントなどには制限速度が設けられています
実際の路線では全てのポイントの通過速度は25km/h
ですが、シミュレーターの中では一部緩和してあります
また、曲線半径の小さなカーブや、S字カーブ、橋梁上
のカーブなどにも制限速度があります。脱線転覆!など
ということはありませんが、評価点が減点されますので
路線各所の制限速度はきちんと憶えるようにしましょう
その他
鉄道ファン 走行途中で沿線にカメラを構えたファンの姿を見つける
事があります。汽笛を鳴らしてファンサービスしましょう
評価点が加点されます。観光路線ではファンサービス
も機関士の重要な仕事なのです。
線路近辺の様子に気を配れるということは、機関士と
して、ゆとりをもって運転にあたっているということです
鉄道ファンと汽車の距離が100mの地点で、力行する
かブロワーをかけて汽笛が鳴っていると、「カシャ」と
いう音がでてポイントになります。

Go Home Page

Go Top Page

SL Simulator 蒸気機関士
Copyright(c)2000
Smarts Japan, Anaheim Electronics
Technical Arts , Logitec Systems
All Right Reserved
SL Simulator 蒸気機関士 添付実写CD
Copyright(c)1999-2000
Anaheim Electronics , CLAT Corp
Akihiro Kaneko , Masaki Kanamori
Yoshinori Oomae , Kei
Sound : Yoshitaka Masuda
All Right Reserved